動物愛護センターからやってきた子猫のミックとジャガー

キャットフードゴチバトル

ミックとジャガーの日記帳 ミックのガン闘病記

抗がん剤が効いた!!抗がん剤治療の2週目開始

投稿日:2018年3月14日 更新日:

 

ミックの抗がん剤治療1週目は、大きな副作用は見られず無事に通過しました。
2018年3月12日から2週目に入ります。

今日も嫌がるミックをキャリーケースに入れて、病院へ。
待合室でミックはビビリまくっています。

「ぎょええええ」って顔をしていますね(笑)

 

 

 

病院に行くとまずは1週目の状態の問診から始まりました。

S先生
嘔吐はありませんでしたか?
さなこー
はい、一度もありませんでした。
S先生
食欲はどうでしたか?
さなこー
初日から3日目くらいまでは少し落ち気味でしたけど、その後は普通に食べてくれました。
S先生
どのくらい落ちましたか?まったく食べなかったとか?
いつもの半分くらいは食べてくれました。
S先生
元気がないとかは?
さなこー
それも最初の3日間くらいまででした
S先生
水はよく飲んで、おしっこは普通でしたか?色がついていたりとか。
大丈夫でした
S先生
うんちも?下痢とかなく?
はい。普通のをしてくれました。
S先生
では、一通り大丈夫そうですね
S先生
体重も測りましょう。
3.54kgですね。
さなこー
先週は3.5kgだったので、ちょっと増えましたね
S先生
はい、良いですね
さなこー
あ、ひとつ気になることがあるんですけど。
ミックは元々ソファーとか毛布みたいなフカフカの場所がな好きだったんですけど、今週はフローリングみたいな温度の低い場所で寝転がりたがるんです。
S先生
そうですか。撫でてみて体温が高いとか感じませんでしたか?
さなこー
んー、分かりませんでしたねぇ…
S先生
体を冷やしたくて寝転がったりとか。
いつもと違う行動を取るというのは、何かしら体調に変化があるのかもしれませんからね。
この後、血液検査も見てみますね。それからレントゲンで腫瘍がどうなっているのかも確認します。
S先生
じゃあ、ちょっとさなこーさんにミックちゃんの保定をお手伝いしてもらえますか?
さなこー
はい。もちろん。

 

問診では副作用は問題ないという感じでした。
冷たい場所にいたがるのはどうしてなのかS先生も分からないようでした。

次に血液検査でさらに詳しく体の状態を診て、それからレントゲンで薬の効果が出ているのか確認します。

ミックを暴れないように私と獣医師の男性2人で抑えて、足から採血。

ミック
・・・

 

ビビりまくって毛が逆立っていましたが、鳴くこともなく、大きく暴れることもなく無事に採血できました。
少しは慣れてきたのかな?

S先生
じゃあ無事に採れましたので、ミックちゃんをお預かりしてレントゲンを撮っていきますね。

 

 

しばらく待って血液検査の結果とレントゲン写真ができました。

S先生
まずはこちら血液検査ですが、やはり白血球の数が減少しています。
ギリギリというところですね。
さなこー
ギリギリ…
S先生
1週目で使った薬は副作用が一番強く出やすいものでしたので。数字は一番悪くなりやすいです。
でも教科書的には今日の抗がん剤を打っても問題ない範囲です。
S先生
他、肝臓や腎臓などの臓器への影響も見てみましたが、まったく問題ありません。
副作用は大丈夫です。
さなこー
良かったぁ
S先生
それからレントゲンですが、横から見た写真ではちょっと分かりにくいですが白い影が薄くなっています。
左が今日のもの、右が先週です。
腫瘍の輪郭が少し見えてきています。ここですけど分かりますか?

さなこー
あー、うーん。えーと、よく分からないです
S先生
笑 横からは見にくいですよね。
これは上からの写真ですが、こちらでは腫瘍が細くなっているのが分かると思います。

さなこー
本当だ。シュっとなってる。
S先生
薬が効いていますね。部分寛解という状態です。
一週目としては良い効果が出ていると思います。
S先生
副作用も問題がなく、腫瘍が縮小しているという状態なので、一番良い結果になったと言えます。
さなこー
マジですか!!良かったぁー
良かったねぇミック!!
ミック
何を話してるの?
S先生
UW-25で使っていない薬がまだ2種類あります。今後それらを使って副作用がないか、効果が出るかを見ていきましょう。
その後ノースカロライナの薬を使うかという判断になってきます。
S先生
とりあえず今日の治療は継続できますので、またミックちゃんを少しお預かりしますね。
さなこー
はい!お願いします!

 

 

ミックが治療を受けている間、私たちは待合室でしばらく待機。

さなこー
一番良い結果だって言ってたよ!!
嬉しい!!願いが通じたよ~

 

嫁と2人で胸をなでおろしました。

先生から事前に聞いていたお話では、寛解する子は早い段階から抗がん剤が効くことがほとんどで、長く生きられない子はどの抗がん剤を打っても効果が小さいとのこと。
つまり1週目、2週目で効果が見られない場合は見通しが厳しくなる可能性が高くなります。

そのため1週目から効果が出て、心底嬉しかったのです。

ちなみにミックが1週目に使った抗がん剤は「ビンクリスチン」と「L-アスパラギナーゼ」。強めの薬です。
2週目の今日打つのは「シクロフォスファミド(サイクロフォスファマイドとも言います)」。

私たちは嬉しさいっぱいって待っていましたが、処置室の方からミックが大声で叫ぶ声が聞こえてきました。

ミック
やめろー!!!
離せー!!!
ミック
ギャアアアア!!!
ミック
痛い痛い痛い!!!
ミック
この野郎、離せー!!!
ミック
うわああああ!!!

 

凄まじい鳴き声です。

さなこー
ミックの声だ…
大騒ぎしてる…
おばさん
凄い声ね。猫ちゃん。
おじさん
大暴れだ笑

 

待合室にいる他の飼い主さんたちの声が聞こえてきます。

ミックの叫び声で心が痛いやら、恥ずかしいやら…

 

しばらくするとS先生に呼ばれました。

S先生
さなこーさん。お待たせしました。
さなこー
すいません。ご迷惑をおかけしたみたいで…
S先生
いえいえ笑

 

先生もちょっと苦笑いをされていました。

S先生
今回は利尿剤も打っていますのでたくさんおしっこが出ますが、心配しなくて良いですよ。
トイレの掃除の時などにおしっこを素手で触らないようにしてください。
危ないんですか?
S先生
いや危険性はほとんどないです。今日の抗がん剤はそのまま触ると危ないのですが、猫ちゃんの身体を通しておしっことして出てくる時には無害な物質に変わっていますので。
ただ念のために注意しておきましょうということです。
S先生
あと、副作用については先週と同じことを注意してください。
食欲不振、嘔吐、下痢ですね。分からないこと、もし迷うことがあればいつでもお電話してください。
はい、分かりました
S先生
飲むお薬ですが、今週もステロイドを。1ミリにしておきます。
シロップにするか、錠剤にするかですが…
ミックはどっちも大丈夫でした
S先生
それなら良かったです。錠剤にしましょう。
シロップだと一部が食器に残ってしまって用量をすべて飲んでいるか分からなくなりやすいので、錠剤の方が確実ですからね。

 

最近、気になっていた治療中の食事についても質問しました。

さなこー
食べ物について質問なのですが。
タンパク質を多めに摂るのが良いとか、何か気をつけた方が良いことはありますか?
S先生
必要な栄養素を必要な分だけですね。
S先生
癌治療中はDHAが効くとか、○○が良いとか、言われることがありますが、今のところ関係ないです。
結果を見ても優位性はまったくありませんから。
今後研究が進んで何か出てくる可能性はありますが、現在は効果を示すものはないですね。
さなこー
そうなんですね。
先生のおすすめフードはありますか?
S先生
大手メーカーで、ちゃんとしたところが作っているものなら何でも良いです。
ご自分で手作りご飯を上げたりする方もいますが、正しいバランスで作るのはかなり難しいですから。
キャットフードが良いと思いますよ。
今は少し多めにあげているんです。
食欲不振になったりして痩せちゃうかもしれないから、多少太っても良いので、食べれるうちに食べてもらおうと思って
S先生
それは良いことです。
ステロイドは筋肉が落ちる副作用もありますし。
S先生
食べてくれるのであれば、いつもの量の110%~120%程度を目安に増量してあげると良いですよ。
そうしてみます。ありがとうございました。

 

 

今日の治療を一通り終えて診察室を出ると、他の飼い主さんたちの注目を浴びました。

おばさん
あら、猫ちゃんね
さなこー
すいません。さきほど大騒ぎしていた子です…
おじさん
あははは笑
おばさん
あらあら、終わったら静かなものね笑
さなこー
ご迷惑をかけしまして。。。
おばさん
あははは笑
ミック
・・・

 

なんか、悪い意味で目立ってしまったミック…

来週は大丈夫かなぁ…

 

今日の医療費は16420円。先週より安かったですね。

 

 

こうして2週目の治療は無事に終わりました。

とにかく効果が出たことが嬉しい。副作用が小さく済んだことが嬉しい。

嬉しいことばかりの1日でした。

ミック
嫌なことばかりの1日だったよ!!

 

 

たしかにミックは今週もすごく頑張りました。
怖い思いも、痛い思いもしました。

腕にはその証拠が。痛々しい…。

 

 

今週も大きな副作用がなく、薬が効いてくれるといいね。ミック。

 

 

 

 

<同じカテゴリーの記事>

-ミックとジャガーの日記帳, ミックのガン闘病記

Copyright© キャットフードゴチバトル , 2018 All Rights Reserved.