動物愛護センターからやってきた子猫のミックとジャガー

キャットフードゴチバトル

エッセイ

『君の名は。』の新海誠監督の作品に登場するネコたち。動画で紹介!!

投稿日:2016年9月16日 更新日:

だれかのまなざし

君の名は。

君の名は。公式サイト

 

『君の名は。』が超大ヒット中ですね。私も先日観てきました。

 

東京に住む瀧(♂)、飛騨の田舎に住む三葉(♀)

この2人の高校生の心と体が入れ替わる不思議な現象から物語は始まります。

瀧は田舎暮らしの女子高生の生活を体験し、三葉は都会の男子高生の生活を満喫します。

心と体は入れ替わっても実際には一度も出会ったことのない2人の気持ちが、お互いを知ることで徐々に通い始めます。

しかしある日突然、入れ替わりが起こらなくなりました。

瀧は三葉に会いに行く決心をし、電車を乗り継いで東京からはるばる飛騨までやってきますが、瀧が入れ替わりで体験していたはずの場所はそこにはありませんでした。

戸惑う瀧でしたが、あることを思い出します。

そして2人の物語は時空を超えた急展開に…。

というお話。

ここから観客の予想を超えてさらに面白くなるのですが、ネタバレしてはいけないので続きは絶対に言えません(笑)

 

 

私は監督の新海誠さんの作品をずっと観てきて昔から大ファンだったのですが、『君の名は。』は間違いなく過去最高のクオリティです。今後、映画史にも残るほどの作品として評価を受けるかもしれません。

『君の名は。』では、これまでの新海作品の中で使われてきた様々な技法がさらにバージョンアップして炸裂しています。過去の映画製作で培った技術をすべてつぎ込んだベスト盤のような映画とも言えます。

美しい空と雲と星、実写かと感じるくらい細かい背景描写、光を可視化させる演出、歌モノの曲の使い方、分かりやすいけれど詩的な言葉使い、多用されるモノローグ、イントネーションや間などの細部にまで作り上げられた音声。全ての要素を見事にシンクロさせて瀧と三葉の感情を観客の心に響かせます。

私は普段ラブストーリーはほとんど観ないですけど、新海監督作品、特に『君の名は。』はそんな私の胸にも突き刺さりました。

飛び抜けた傑作です。

話したいことは山ほどあるので10万字くらい語れそうなのですが、このサイトは猫ブログなのでここら辺でやめておきます。

是非、劇場の大スクリーンでご覧ください。損はしません。

 

 

猫ブログなのになぜ新海監督を取り上げたかというと、実は新海監督は大のネコ好きで多くの作品に猫が登場するんです。

監督自身も猫を飼っていて、その猫は『雲のむこう、約束の場所』という映画の製作中に拾ったので、『雲のむこう、約束の場所』のヒロインである沢渡佐由里の名前をとって「サユリ」という名前をつけたそうです。

こちらがサユリちゃんのご尊顔。

サユリという名前なので、もっと可愛らしい雰囲気のネコちゃんかと思いきや、ちょっと怖い(笑)

ヤクザの人っぽい雰囲気すら漂っています。

 

 

では、どんな作品に猫が登場しているのか見ていきましょう。

まずはこの作品から。

 

『だれかのまなざし』 野村不動産

新海誠監督は実はテレビCMの仕事もたくさんしています。CMとは言ってもそこは新海監督です。わずかな時間でもエモーショナルで印象に残る作品を作り上げています。この作品はCMとしては長編で、7分弱あります。

あーちゃんの成長、喜びと寂しさを隠してそっと見守るお父さんの愛情の機微。

小さな嘘や小さな心遣い。

それを全部知っているみーさん。

ネコは家族の成長を言葉には出さずじっと見守っている存在なのかもしれません。

 

 

次は、NHKの企画「アニクリ15」で制作した1分間のショートアニメです。

猫を主役にしたちょっと笑えるコミカルなお話です。

『猫の集会』

 

 

新海監督がまだ映画製作を始めたばかりだった時代に作った完全自主制作アニメーションでもネコが登場します。

『彼女と彼女の猫』

こちらもネコ目線で描かれた飼い主さんへの思いです。

猫の声を演じているのはなんと監督自身です。そんなところにも自主制作感がありますね。

 

現在ではテレビアニメ化もされています。テレビ版は別監督の作品となっていて、自主制作版とはまた違った温かい作品になっています。

完全版はNetflix、ニコニコチャンネル、amazonビデオ、Google Playなどで見ることができます。

 

彼女と彼女の猫 公式サイト

彼女と彼女の猫 -Everything Flows- 公式サイト

 

この他にも、『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』などの長編映画にも猫が登場します。

ほとんどの作品で猫の名前はチョビとミミとなっています。監督にとって思い入れのある名前なのかもしれませんね。

私はチョビと聞くと動物のお医者さんのハスキー犬を思い浮かべてしまいますが(笑)

 

『雲のむこう、約束の場所』

『雲のむこう、約束の場所』公式サイト 

 

『秒速5センチメートル』

『秒速5センチメートル』公式サイト

 

『星を追う子ども』

『星を追う子ども』公式サイト

 

 

 

 

<こんな記事も読まれています>

-エッセイ

Copyright© キャットフードゴチバトル , 2018 All Rights Reserved.